法律事務所に足を踏み入れた債務者

法律事務所に足を踏み入れた債務者

法律事務所に足を踏み入れた債務者

こんにちは。フリーターの山下洋輔です。私は34歳の独身フリーター男です。
いままで、うだつのあがらない人生を過ごしてきて職を転々としながら生きてきました。
こんな年になってまで、まさか底辺で這いまわっているとは想像だにしませんでした。

 

人間未来には希望を抱くものです。特に不安定な仕事に付いていて夢を追っている人は、
もしかしたら自分はとんでもない大成功をするのではないかという楽観的かつ危機感のない
非現実的な幻想を追いかけていたりします。

 

しかし、夢を追いかけるにもお金が必要です。活動資金やらなんやらで、どんどんお金が減っていきます。
でも真剣味が足りないので、なかなか腰を据えて行動することができずに成果が全く出ない毎日です。
そして、借金がどんどんふくらみ、フリーターであるにも関わらず、多額の負債を背負ってしまったわけです。

 

こうなってはもう自力で返すためには宝くじに当選するか、予想だにしなかった臨時収入が
入ってくるしかありません。しかし、世の中そんな簡単に怪しいスピリチュアル体験談のような
ことは起こりません。これは信じていようがいまいが関係ありません。

 

なので、現実的な対策としえて法律事務所へ足を運ぶという選択肢を選びました。
なぜなら、債務整理という手段が取れるということを知り合いに教わったからです。


ホーム RSS購読 サイトマップ